三次元からの解放

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京国際アニメフェア 2006 総評<アニメフェアの光と影>

<<   作成日時 : 2006/03/31 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

いい点

・声優や芸能人を呼び、とても盛り上がっていた。

・参加している企業も多く、アニメ関連のものをPRできる場になっていた。

・子供向けのものから、大人向けのものまで幅広くやっていたので、あらゆる世代に楽しめるようなものになっていた。

・商業目的ではない、アニメの歴史を振り返るコーナーなどアニメに興味を持ってもらおうという趣向がこらされていた。

悪い点

・各ステージごとに自由にやっていたようなので、音量が小さすぎたり大きすぎたり、前の人が座ってくれて後ろの人まで見えるイベントがある一方、座ってくれずステージが全く見えなかったり、イベントをやっている後ろで大音量でプロモが流されイベント出演者の声が聞こえない、といった事があった。

・特設ステージで子供向けのイベントと一般向けのイベントをやってしまったため、席の取り合いが起こり、子供が席を立った瞬間そこに人が押し寄せて来るといった危険な場面が見られた。

総評

全体的には成功と言えよう。
しかし各企業間の連携が取れておらず、自分本位の方針を採ったため、逆に盛り下げてしまうような場面もあった。

それと子供向けと一般向けのイベントは違う所でやるべきである。
国際と銘打ってるので、あらゆる世代に楽しめるようなイベントにしたい気持ちは解る。
しかし一般向けのイベントでは席の取り合いが起こることは容易に考えられ、そこに子供がいることは大惨事に繋がりかねない。
よってイベントは完全整理券制にするか、場所を別にするか、どちらか片方に専念するかにした方が良いと思う。
ただし完全整理券制にした場合、柵の外から見えるようにしておかないと来場者数の減少に繋がりかねない。
よって柵の中は今年同様に席を設け観客を立ち上がらせないようにし、柵の外には広いスペースを設け立ち見できるようにする。
その際には柵の外からでも満足できるようなるべく大きなモニターを設置するのが良いだろう。

そしてこれは個人的な意見だが、整理券イベントの集合時間が早すぎる。
おかげで途中で席を立つ事になったし、その後に見たかったイベントも見れなくなってしまった。
それに時間通りに集合場所に行き、待っていたが、一時間半も前に集まるような必要性は感じなかった。
整理券を配ったのなら、集合はさせず、観客席の入り口付近でそれを持っている人だけを観客席に通すようにすればいいのではないか?
順番が不公平になると言うのなら座席に番号でも振ればいい。

これが私個人の意見である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Gay animal sex.
Interracial gay sex. Dad and son gay sex. ...続きを見る
Gay sex stories.
2008/04/20 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京国際アニメフェア 2006 総評<アニメフェアの光と影> 三次元からの解放/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる